26.扁桃手術後の注意
相談者:25歳 女性 中学教諭 豊見城市

 長男(6歳)が習慣性扁桃炎で、近いうちに扁桃腺の手術を受ける予定です。
手術後はどんなことに注意すべきなのかを教えてください。
 扁桃摘出手術の後、麻酔から覚めた頃からのどの痛みを訴えます。そのときは、痛み止めの座薬が用いられるのでほとんど問題はありません。
麻酔から完全に覚めるまでは何も口に入れてはいけません。
手術後5-6時間してから、のどの出血がなければアイスクリームやプリン等、のどごしのよい冷たい物を最初は少量ずつ食べさせてください。
手術直後は、あまり食欲はないと思いますが無理して食べさせる必要もありません。
一般的に手術後3日間は点滴で水分や栄養を補いますので体力的な問題はありません。
手術後の食事については、傷口の治り具合に応じて、徐々に「三分がゆ」から「普通食」まで考慮されていますからご心配は要りません。
退院後もふくめて、手術後約3-4週間は激しい運動、大声を出す行為、また、大人の場合、酒、煙草および固い物や刺激物の飲食は避けましょう。
また空気や換気の悪い環境もできるだけ避けましょう。
手術後の入浴は発熱がないときに、医師または看護士の指示のもとに行なってください。
退院後の登校や出勤についても、医師の指示が必要です。