冷房の温度設定は大丈夫?
●難聴はどうして起こるの?

 音は外耳から中耳、内耳を通って、聴神経によって脳に伝えられます。この音が伝わっていく流れのなかでどこに障害が起きても、聞こえが悪くなる「難聴」が起こります。また聞こえの程度により、軽度難聴、中等度難聴、高度難聴に分けられます。
 「伝音難聴」は中耳、鼓膜が原因の難聴なので、一般に手術で機能を回復できます。しかし、内耳や聴神経の異常が原因である「感音難聴」では補聴器で聴力を補います。

●老人性難聴は感音難聴

 老人性難聴は、老化に伴う生理的現象ですから、その進行を抑えることは困難です。加齢による聴力低下の特徴として、早口がわかりにくくなります。音と音の区切りが判断しにくくなるため、早い調子で話されると、そのスピードについていけず、話の内容がわからないという状態になります。
 また、音が聞こえても、ことばの明瞭度が低下するため、大勢のなかでの会話が聞き取れないということも起こってきます。
 加齢で壊れてしまった内耳の細胞や神経を再生することは現在のところ不可能です。老人性難聴は感音難聴に分類され、補聴器を使って聴力を補うというのが有効な対処方法になります。

●補聴器の種類

 補聴器には本体をポケットに入れたり、机においたりして用いる箱型、耳の後ろに掛けて用い比較的操作がしやすい耳掛け型、耳の穴に入れて用いるため目立ちにくい耳穴型、使う人の耳の穴の形に合わせて作るため、ほとんど目立たないカスタム・カナルなどがあります。

●補聴器の選び方のポイント

 補聴器は、形や操作方法だけで判断するのではなく、使う人の聴力や生活環境に合ったものを選ぶことが重要です。補聴器装着には3つのポイントがあります。まず、耳鼻咽喉科で受けた検査結果をもとに、本人が、補聴器専門店でいろいろ試しながら調整していく必要があります。補聴器専門店は耳鼻咽喉科で紹介してもらいましょう。
 次に、補聴器を購入したら、スイッチを切ったまま装着してみます。最初は違和感がありますが、慣れてきたら補聴器のスイッチを入れ徐々にいろいろな音を聞いていくようにしましょう。
 最後に、聴力に合った適切な補聴器を使用し続けるためには、定期的な(1年に1度)聴力検査が必要です。同様に、補聴器を購入したところで補聴器の定期チェックをお願いすることをお勧めします。