冷房の温度設定は大丈夫?
●腰が痛い

 私たちは寝ていない限り、ひとつひとつの動作に腰を使います。そのため、腰が痛いと私たちの日常生活はかなり制限されます。
 一般的には、「急な腰の痛みのために立てない、起きられない、日常生活が困る」といわれる"ぎっくり腰"などの急性の場合と、「日常動作は問題ないが、からだを動かすたびに腰が痛い、起床時だけ腰が痛いが、昼中日常生活をしていると痛みが徐々にやわらぎ、夕方あるいは夜になるとまた痛みがでてくる、腰が痛くなった時期がはっきりしない」などの慢性の場合があります。腰が痛くて立てなくなると、腰の骨が折れたのではないか、と心配になりますが、多くは数日間の安静で痛みが改善します。したがって、急いで受診する必要があるか、それともしばらく様子をみてもよいかを判断することが大切です。

 その判断には、1)腰痛が急性か慢性か、2)腰痛のほかに、下肢や足の指のしびれ、力がはいらないなどの症状があるかどうか、です。まず、左右の下半身を触ったときに間隔が同じかどうかしらべます。そして下肢にしびれがなく力がはいるか、しびれがあり力がはいらないかを確認してみて下さい。
 歩行時に足(特に足の指)がしびれ、力がはいらず靴やスリッパが脱げる、足を触った感じが違うなどの症状は神経障害の目安となります。そのような症状がある場合には整形外科を受診しましょう。


●座り過ぎも腰痛の原因に!

 生活スタイルの変化に伴い、椅子を使うことが多くなりました。1日の中で椅子に座る時間はどのくらいでしょうか。パソコンを使ってのお仕事など座る時間が長くなると運動不足になり、足のむくみや腰痛の原因になります。
 仕事中に腰が重くなったら休憩し、からだを動かしましょう。座ったままで用事はだれかに頼んでいらっしゃるのであれば、そこから改善し、なるべく自分で動くようにしましょう。
 家に閉じこもりがちの高齢者の腰痛対策には、気分転換をはかりながら散歩など、歩く習慣を身につけるとよいでしょう。 健康に障害がなければ、姿勢を良くして、踵(かかと)から地面をしっかりと踏みつけ、足の親指の付け根に力が入るようにして歩くのが、足のむくみや腰痛の予防になります。日常生活の中で、積極的に歩く習慣を身につけることが大切です。

 飛行機に長時間乗る場合、一時間おきを目安に席を立って少しでも歩くと、疲れが残らないといいます。これは日常生活でも同じこと。じっと同じ姿勢を続けないで、時折立って歩くことが大切です。