冷房の温度設定は大丈夫?
●かぜとは

 かぜはいろいろな原因で起こる急性の呼吸器の病気をまとめたものです。原因として最も多いのがウイルスで、その他細菌やマイコプラズマなどもあります。
 かぜの型は症状のあらわれかたによって異なりますが、インフルエンザ、普通感冒(鼻かぜ)、咽頭炎が多くみられます。かぜの症状としては、主に鼻水、鼻づまり、のどの痛み、せき・たん、発熱、全身倦怠感、頭痛、腰痛などがあります。
インフルエンザはインフルエンザウイルスが原因となり、発熱、全身倦怠感、頭痛、腰痛などの症状が現れるのが特徴です。鼻かぜはライノウイルスが原因で鼻みず、鼻づまりがみられます。一方、咽頭炎はアデノウイルスや細菌が原因でのどの痛みがあらわれます。

●かぜには早めの対策を

 ご承知のようにかぜの多くは、くしゃみ、鼻みず、せき、のどの軽い痛みで始まります。「風邪かな?」と思ったら、まず衣類を工夫して外部から身体を温め、温かい飲み物で水分補給をしながら内部からも身体を温める、そして心身ともに休養することが大切です。これだけで、症状が悪化せずかぜが治ることもよくあります。
 一般の感冒薬は症状をおさえることができますが、原因がウイルスの場合は効果がないので注意しましょう。
 急に高熱がでるインフルエンザにかかったときでも、安静と水分補給は非常に重要です。
安静はインフルエンザの合併症である肺炎の予防に重要で、特に高齢者は肺炎を起こしやすいので注意しましょう。
 インフルエンザの予防には予防接種(インフルエンザワクチン接種)が効果的ですので、冬のシーズン前に受けておくことをおすすめします。
 日常生活でできるかぜ予防対策として次の3つがあげられます。
かぜのシーズンには人混みをできるだけ避ける。
外出後は石鹸で手を洗い、うがいをする。
加湿器などで室内の湿度を調整する。
その他、マスクを使用することで、飛沫の侵入を防ぐことができます。また、まわりの人への感染を防ぐためにもマスク着用を心がけましょう。

●抗生物質の注意点

 最近、子どもがかぜをひいたとき、抗生物質を安易に使用すると、子どもの免疫能力を高めるうえで何らかの問題があることが指摘されています。抗生物質は体内の細菌には効果はありますが、多くのかぜの原因となるウイルスにはあまり効果がありません。
 また、抗生物質を使いすぎると、耐性菌(抗生物質が作用しにくい菌)が現れるなどの問題があります。しかし、かぜの合併症の一つである肺炎には、その原因が細菌であるため、抗生物質の効果が期待されます。