禁煙サポート
 

 「原因は意外なところにも!」

  嚥下性肺炎とは、読んで字のごとく、口腔の内容物が食道ではなく、誤って気道に入ってしまうことによっておこる肺炎です。したがって、直接かぜとは関係がない場合が多いのですが、高齢者の肺炎として特徴的なので簡単にお話します。
  もともと口の中にはいろいろな種類の微生物(雑菌)が存在し、これが食べ物かすなどとともに気道から肺にひんぱんに落ち込むと、嚥下性肺炎がおきてくる危険性が高まります。健康な人では食べ物かすや唾液(だえき)などが気道に入らないように反射的に喉頭蓋と呼ばれるふたが働き、食べたものは食道を通過して胃に運ばれます。しかし、脳卒中などの脳血管障害で意識のレベルが低くなっていると、気道内に異物が落ち込んでも、反射がうまくいかず、気道内への落下をゆるしてしまう結果となります。
  一度に比較的大量の口腔内容物が誤嚥されることもありますが、多くみられるのはほんのわずかの食べ物かすや唾液が、眠っている間に気道内に落ち込む現象です。このため、意識レベルの低いお年寄りや寝たきり老人では嚥下性肺炎がくり返し起こることになります。

 普段から気をつけることは?

  仮に口腔内雑菌が誤って肺に入っても、雑菌の数が少なければ肺炎になりにくいことが知られています。食後に歯磨きや、柔らかいガーゼなどで口の中の清掃を行うことをおすすめします。寝たきりのお年寄りの場合、割りばしに柔らかいガーゼを巻いたものに口腔内消毒液をひたし、最低1日1回は行うようにしましょう。
  口腔内の清掃はもちろん、摂食(食事性)嚥下機能の回復や全身の免疫力を高めることも重要視されています。すなわち、「口腔清掃(雑菌の除去)」「口腔機能回復」「免疫力向上」の3点にポイントを置きながら、口腔ケア、リハビリテーションを行っていきましょう。
  ゲップによる胃液の逆流は満腹のときに起きやすいので、食後2時間くらいは横にならずに座っているようにしましょう。また、おかゆなどの半固形食や、とろみのある食事に変えると、誤って気管に入り込むことが少なくなります。
  さらに、誤嚥性肺炎を予防する環境因子としては、各疾患の治療(特に、高血圧や脳梗塞の治療をきちんと行い、脳血管障害を進行させないように注意する)、義歯調整、歯科治療、低栄養状態の改善などがあります。